「マイナンバー(社会保障・税番号)制度」の本格稼働に向けて、ユーザー企業は今、何をしなければならないかについて頭を悩ませている。そんな状況にあって、ITシステムの改善・刷新についても検討段階に入っているようだ。『週刊BCN』では、これまで「SPECIAL FEATURE」でマイナンバーに関連する特集として、業務ソフトやBPOなどをテーマに、メーカーやSIer、ディストリビュータなどが、「どのようなビジネスを手がけているのか」「実際にビジネスが拡大しているのか」などについて取り上げてきた。今回は、セキュリティ対策の需要が増えるとの見方が有力なITシステムやクライアント端末を管理するIT資産管理分野を取り上げる。関連製品・サービスの販売手法など、SIerやディストリビュータの成長戦略を探った。(取材・文/佐相彰彦)