大手外資系ベンダーが、相次いで“クラウドファースト”の時代を見据えた新たなパートナー戦略を発表している。あらゆるITベンダーにとって、クラウドはもはや顧客に必ず示さなければならない選択肢となった。それでも、ハードウェアの販売を伴わないためオンプレミスの案件と比べて売り上げが減るという構造的な課題を乗り越えたとは言い難く、パートナーのクラウドへのシフトを妨げている状況がいまだに続いている。しかしここにきて、市場を牽引する大手外資系ベンダーが、「クラウドをどう売るのか、売らせるのか」という問いにようやく答えを出そうとしている。(取材・文/本多和幸)