SIerの人手不足が深刻化している。受注環境は良好に推移しているものの、「仕事はあっても人繰りができずに受注に踏み切れない」(SIer幹部)と、大きな経営課題になっている。SEやプログラマーの絶対数が不足しており、需給ギャップが発生しているのだ。SIerは定年後の再雇用制度を見直したり、協力会社のリソース確保に奔走したりと、あの手この手で人手不足の緩和策を打つ。主要各社がどのような手立てを講じているのかをレポートする。(取材・文/安藤章司)