デジタルトランスフォーメーション(DX)のトレンドを追い風に新たな市場創出に向かうIT産業。ただし、経済産業省が昨年9月に発表した「DXレポート」に端を発する一連の指針などは、大企業のデジタル変革のみにフォーカスしているのが現実で、本来、日本の経済基盤をアップデートするためには、裾野を支える全国の中小企業のDXも不可欠なはず。そして、DXの流れから地方の中小企業が取り残されないためには、地方の市場を知る地方発のITベンダーの奮起が不可欠だ。松山市をフィールドに、地方発ITベンダーの成長戦略と地場市場の現実を探る。(取材・文/本多和幸)