GIGAスクール構想がいよいよスタートする。「子供たち1人1人に個別最適化され、 創造性を育む教育ICT環境の整備」を目的に、2023年度までに小学校・中学校の全学年の児童生徒1人1人が端末を持つ環境を実現するとともに、校内における高速大容量のネットワーク環境を構築すべく国が進める施策だ。3月上旬には、補助金交付申請書の提出がはじまり、3月中旬には交付が決定する。950万台規模の需要が見込まれ、新たなPC市場の創出に、IT業界は沸いている。