ユーザー企業のなかで十分に活用されずに眠っていたデータを、ビジネス変革に生かそうとする取り組みが始まっている。富士通と東芝は、データ活用を重視する戦略子会社を相次いで立ち上げた。SIer各社もこれまでにも増してユーザーの業務に深く入り込み、ユーザー企業と二人三脚となってデータの整備・活用を推進しようとしている。ITベンダーとユーザー企業の、データを活用した価値創出への挑戦をレポートする。(取材・文/安藤章司)