AIが社会実装フェーズに入り、IT市場を語る上でも欠かせない存在となった。スタートアップから大手までAIの関連する製品・サービスを次々とリリースしており、AI市場は目覚ましい勢いで拡大を続けている。国内企業の多くが、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいるが、AIを上手く活用することもDX成功の手段の一つであり、AIへの理解を深めることが必須となりつつある。週刊BCNでは、「画像認識」「自然言語処理」「予測」「ノーコードAIプラットフォーム」の四つの分野で注目新興AIベンダーに焦点を当てた特集を実施した。社会に新たな価値の提供を目指す新興AIベンダーの戦略を一挙に紹介する。

詳しい記事はこちら

注目新興AIベンダー(画像認識 編) 開発が進み精度は向上 活用の幅は多様化

注目 新興AIベンダー(自然言語処理 編) AIビジネスの一翼を担う 要約、問い合わせ、帳票の仕訳に活躍

注目 新興AIベンダー(予測 編) 人の経験や感覚、勘をAIに置き換える 精度の高さで新しい価値提供を目指す

注目 新興AIベンダー(ノーコードAIプラットフォーム 編) 機械学習をビジネス現場で活用 “使い勝手”が選ばれる理由に