Special Feature

注目 新興AIベンダー(自然言語処理 編) AIビジネスの一翼を担う 要約、問い合わせ、帳票の仕訳に活躍

2022/04/11 09:00

週刊BCN 2022年04月11日vol.1918掲載


 AIビジネスの一翼を担っているのが自然言語処理の分野だ。マーケティングや問い合わせ対応、帳票の自動仕訳といった分野で、国内においても新興AIベンダーの存在感が高まっている。自然言語処理は、グーグル主導で開発する言語モデル「BERT(バート)」や深層学習の成果を反映するなど技術的な突破口が複数登場しており、こうした技術を応用して認識精度や実用性が大幅に向上しつつある。自然言語処理の分野で新興AIベンダーがどのような事業を展開し、ビジネスを伸ばしているのかレポートする。
(取材・文/安藤章司)

企業のマーケティング業務に応用

 コンピューターが言葉や文字を認識する自然言語処理。身近なところではパソコンやスマホに実装されている日本語変換ソフト、グーグル検索、自動翻訳が挙げられる。近年ではグーグル主導で2018年に公表された言語モデル「BERT」や、AIの深層学習の飛躍的な進歩で、「自然言語処理の分野でいくつかの技術的な突破口があった」と、ストックマークの林達・代表取締役CEOは話す。
 
ストックマーク 林 達 CEO

 ストックマークは、公開されているニュース記事や企業・官公庁の報道発表文、技報などの情報を国内外から収集。自然言語処理の技術で分析し、ユーザー企業が属する業界の動向を可視化する「Astrategy(エーストラテジー)」を19年から始めている。これまでは公開されているニュース記事を要約するサービスを手がけていたが、業種・業界別に深掘りして、「ユーザー企業が属する業界の動きを把握できるようにした」(林CEO)ことで、マーケティングにより役立つサービスへと発展させてきた。

 グーグルをはじめとする一般的な検索サービスでは、業種・業界に特化した検索結果を導き出すことは難しいが、Astrategyであればユーザー企業のマーケティングや企画立案の基礎的な情報を手軽に俯瞰することが可能になる。いわば、“企業向けグーグル検索”のような位置づけだ。今後は外国語の情報の自動翻訳に加え、企業が有する顧客データや人材データも検索対象にすることなどを検討。自然言語処理の技術を生かして、より幅広いビジネスに応用できるよう努めていく。
この記事の続き >>
  • リモートワークの浸透でチャットボット普及に弾み
  • チャットボット開発ベンダーのギブリー 「雑談AI」と補完関係を築く
  • 画像認識AIと自然言語処理の組み合わせで文書処理を効率化 帳票の自動仕訳に応用進む

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1