2015年10月からマイナンバー(個人番号)の配布が始まり、ITシステムを導入するユーザー企業の多くがマイナンバー(社会保障・税番号)制度について、どのような対策を講じればいいのかを模索している。マイナンバーが漏れた場合、企業には厳しい罰則規定があるため、管理体制として絶対的な安全性が求められる。システムのセキュリティを強化することが対策の一つといえる。一方、SMB(中堅・中小企業)にとってデータ管理で一般的になりつつある製品の一つとしてNASが挙げられるが、マイナンバー対策でポイントになってくるのが、セキュリティを意識しているかどうか。ITベンダーにとっては、最適なNASを提案することがSMB攻略につながるといえそうだ。