クラウドの活用が一般的になっていくなかで、新たな分野のIT化もクラウド市場拡大の追い風になっている。

 例えば、ビジネスをデジタル技術によって変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」。その取り組みには決まった答えがなく、試行錯誤しながらゴールを目指すことになる。このように不確定な要素が多い分野では、導入のスピードが速く、初期投資を抑えることができて、高い拡張性を誇るパブリッククラウドが最適だ。アクセス数が読めないウェブ系システムでパブリッククラウドの採用が進んだのと同様といえよう。

 また、DXを考えるにあたって重要なポイントとなるのが、ビジネスの変化に対して柔軟に対応できるシステム構築のスピードである。それには、IaaSだけでなく、PaaSやSaaSとして提供されるさまざまなサービスを組み合わせて活用することが求められる。既存システムとのデータ連携も、欠かせない要件の一つだ。そのため、クラウド環境の選定では、サービスの内容や種類も重要になってくる。

 本特集では、包括的なサービスを提供する日本オラクルのクラウド戦略を紹介する。