サーバー仮想化ソフトウェアの開発で急成長するヴイエムウェア。遅れ気味だった国内でのビジネスも今年から本格的な拡大フェーズに突入した。サーバー統合やディザスタリカバリ(DR、災害復旧)、SaaSをはじめとするオンデマンドサービスを支えるデータセンターなど、あらゆる局面で仮想化需要が拡大すると予測する。既存の仮想化技術とは何が違うのか──。日本法人トップの三木泰雄社長に聞いた。