マイクロソフトが掲げる課題の1つに、SMB(中堅・中小企業)向け事業の拡大があげられる。ユーザー企業に対するシステム・サービスの提供が予想に反して苦戦しているからだ。そこで、今年度(2008年6月期)から、代表執行役員兼COOの樋口泰行氏がゼネラルビジネス責任者も担当することになった。「パートナー企業やユーザー企業とWin-Winの関係を一段と綿密に築いていく」と決意を語る樋口氏に、ゼネラルビジネスの拡大策を聞いた。