伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、グローバルビジネスへ大きな一歩を踏み出した。世界最先端のハードウェアやソフトウェアをベースとしたシステム構築(SI)を得意とするCTCの強みをASEANを中心とするアジア地域へ展開。これまでドメスティックの色彩が濃かった同社にとっては大きな変化だ。タイやマレーシア、シンガポールで一部出資やM&A(企業の合併と買収)の手法を用いて関連会社やグループ会社を増やし、CTCの得意とする最先端ITを駆使したシステムの設計・構築、運用のビジネスモデルを適用する。海外ビジネスの拡大を推進する菊地哲社長に話を聞いた。