Linux関連ソフト開発企業としてスタートしたHDEは、近年、クラウド領域に中心事業をシフトし、「Google Apps」「Office 365」「Salesforce」などのクラウドサービスの連携セキュリティソリューション「HDE One」をコア商材として、急成長している。クラウドセキュリティサービスの分野では、日本のトップベンダーに躍り出た同社が、次に見据えるのは、海外、とくにアジアの市場だ。小椋一宏社長に、さらなる成長への青写真をうかがった。