エクイニクス・ジャパンは、データセンター(DC)を軸に、ヒト・モノ・カネの集まる仕組みをつくることで成長につなげる。それらが集まることで経済が繁栄するように、DCも有力な顧客が集まり、さまざまなアプリケーションやサービスが行き交う“拠点”に仕立てることで、付加価値や競争力が高まるというわけだ。国内大手独立系DC事業者のビットアイルをグループに迎え入れ、国内での設備規模を倍増させた。古田敬社長は、インターネット仮想空間において経済が活性化する施策を打つことで「顧客から選ばれるDCになる」と話す。