競争力のある自社パッケージソフトを数多く開発してきたSIerのニッセイコムは、その強み生かして隣接する領域への進出に力を入れる。IoTやAI(人工知能)といった新しい商材を駆使するとともに、クラウド型のサービスビジネスの拡大にも意欲を示す。これまで強みとしてきた領域を超えて成長するという意味で、ニッセイコムの荻山得哉社長は「枠を超えた成長」をキーワードに掲げ、経営の舵取りに臨んでいる。