アプライアンス製品を“武器”に中堅・中小企業(SMB)市場で高いシェアを獲得してきた米バラクーダネットワークスの日本法人、バラクーダネットワークスジャパンの執行役員社長に今年3月、大越大造氏が就任した。複数のベンダーの代表を歴任し、バックアップやストレージの業界を知り尽くす大越社長。3年後に国内売上高を現在の3倍にすることを目標に掲げ、セキュリティやクラウドなど、新たな市場を開拓する。