富士通の100%子会社だった旧ニフティの事業再編により、2017年4月、クラウドサービスを中心とするエンタープライズ向け事業を担う事業会社として誕生した。資本金は1億円で、旧ニフティ同様、富士通の100%子会社。「ニフティクラウド」のノウハウを生かし、富士通のクラウドサービス「K5」の中核を担う役割を期待されている。