ピー・シー・エー(PCA)は、2007年以来、実に11年ぶりに社長交代に踏み切った。長期政権だった前社長の水谷学氏からトップの座を引き継いだのは、管理本部でキャリアを積んできた佐藤文昭氏だ。創業者である故川島正夫氏は義理の父にあたる。PCAが大手ベンダーとして君臨する中堅中小企業向け基幹業務ソフト市場は、クラウドシフトの本格化で大きな変化が起こっている。社内から長年PCAを見てきた佐藤新社長は、PCAの強みをどう捉え、事業を舵取りしていくのか。