前期に続き、今期も売上高の過去最高更新を目指す勢いのネットワンシステムズ。かつては通信キャリア向け事業に大きく依存していたが、現在の稼ぎ頭は企業や自治体などの一般組織だ。アプリケーション開発には手を伸ばさず、ITインフラの領域に特化した戦略をとる同社を今年6月から率いるのは、ネットワーク技術者出身の荒井透社長。仮想化技術やクラウドの活用が当たり前になった今こそ、ネットワークを知り尽くした同社が強みを発揮できるのだという。