ユーザー数は個人向けで4億人以上、法人向けで27万社以上に上るカスペルスキー。セキュリティー業界を代表するグローバルベンダーである。一方で、2016年の米大統領選挙においてロシアの諜報活動に関与した疑いにより、米政府調達企業リストから除外された経緯を持つ。順風と逆風が想定される中で、日本法人の新たなトップに就任したのは、ネットワークセキュリティー領域のビジネスで10年以上のキャリアを持つ藤岡健氏である。就任会見で掲げた目標は「21年までに法人向けビジネスの売り上げを3倍に」というもの。その野心的な目標を達成するために、藤岡社長はどのようなロードマップを描くのか。