落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

KeyPerson

“箱”と“仕組み”の両輪でビジネスを伸ばす

富士通クラウドテクノロジーズ 代表取締役社長

新見昌弘

取材・文/齋藤秀平 撮影/大星直輝

2020/07/10 09:00

新見昌弘

週刊BCN 2020年07月06日vol.1832掲載

 富士通クラウドテクノロジーズの社長が交代し、執行役員として事業戦略を担当していた新見昌弘氏が4月1日付で新社長に就任した。同社が提供する国産パブリッククラウド「ニフクラ」は、富士通が6月に発表したクラウド戦略で「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-V」の基盤として位置づけられ、大企業の基幹業務向けの提案が増えそうだが、従来のニフクラビジネスも継続する。技術者として30年以上のキャリアがあり、「クラウドに関しては一通りやってきた」と自負する新見社長は、ニフクラビジネスの戦略について「単に“箱”としてニフクラを売るだけではなく、箱を活用するための“仕組み”の販売も伸ばしていきたい」と語る。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!

外部リンク

富士通クラウドテクノロジーズ=https://fjct.fujitsu.com/