コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)大手のクラウドフレア(Cloudflare)が7月、日本法人を設立した。代表に就いたのは、シトリックス・システムズ・ジャパンで前社長を務めた青葉雅和氏。CDNというとコンテンツ配信のイメージが強いが、これから注力するのは、クラウドから提供するエンタープライズ向けセキュリティ機能だという。日本市場本格進出にあたっての戦略を青葉代表に聞く。