ミロク情報サービス(MJS、是枝伸彦社長)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com、鈴木正誠社長)は、会計事務所向けの電子認証サービスの開発で提携した。e-Japan構想における電子申告への対応を進め、2003年夏頃をめどに電子認証サービスを開始する予定。

 電子申告対応の認証局には、政府認証基盤(GPKI)接続や特定認証業務の認定取得が必須で、堅牢なデータセンター、安定した運用体制、迅速なサポート能力、高度な技術力など、さまざまな条件が要求される。今回の提携により、NTT Comは、このすべてを満たす認証インフラとして電子認証基盤インフラサービス「BLADE(ブレード)」を提供し、認証局の構築から運用・保守までを担当する。

 具体的には、「BLADE」による認証局を構築し、MJSが顧客とする全国約8300会計事務所およびその顧問先企業約50万社に対し、電子証明書を発行するサービスを導入していく予定だ。