NEC(金杉明信社長)はこのほど、NECシステムテクノロジー(高橋利彦社長)とともに、インドのITサービスプロバイダ大手のHCLテクノロジーズ(S・ナダー会長兼CEO)と高度なソフトウェア開発を行う合弁会社の設立で合意した。事業開始は10月を予定し、資本金は約500万ドル。NECおよびNECシステムテクノロジーが51%、HCLテクノロジーズが49%を出資する。NECグループがインドに開発拠点を設置するのはこれが初めて。

 合弁会社は、デリー市に近いHCLテクノロジーズ本社があるノイダ市のソフトウェアテクノロジーパークに本社を置く予定。約70人の人員でスタートし、3年後には280人規模に拡大する計画になっている。当初、NECやNECグループ企業向けにセキュリティ製品、組込みソフト分野やネットワーク関連分野のソフト開発やハードウェアの開発設計を行うほか、ソフト分野の研究開発も手がけていく。将来は世界に向けて自社ブランド製品の開発も行っていく計画だ。

 NECグループではインドでの合弁設立により、インドのITエンジニアが持つ高いスキルを活用するとともに、組込み分野をはじめとしたソフト開発のコスト削減、日系企業向けのソフト開発支援などを新会社を通じて行っていくという。また、HCLテクノロジーズは、NECとの合弁設立により、NECグループ向けのソフト開発事業の拡大を見込んでいる。