コクヨグループのパソコン関連用品の販売会社、コクヨS&T(森川卓也社長)は、デジタル文書を簡単に検索して活用できる文書管理ソフトウェア「さくっとファイリング」(写真)の販売を開始した。デジタル文書化するスキャナ「さくっとファイリングby Caminacs」と同時に発売し、両製品で年間5億円の売上高を目指す。

 同ソフトは、紙文書をスキャンして電子データ化した文書を保存する際に、「案件」「案件サブ」「書式」「作成者」「登録年」「登録年・月」の6つの切り口で情報を付ける。あとから検索する時には、この6つから任意の項目を選択することで、該当する文書がツリー形式で表示される。

 また、個人文書に加え、グループで扱うサーバー上の共有文書も「個人文書」と「共有文書」に分け管理でき、簡単に検索もできる。

 同スキャナは、同ソフトとセットにするためコンパクトサイズにした製品。スキャニング速度は毎分25枚。