日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト、小野功社長)とビジネスブレイン太田昭和(BBS、木村幸弘社長)は8月6日、業種に特化した業務テンプレートでパッケージ導入よりも高い業務適合性を実現する販売管理と財務・管理会計の統合ソリューション「Fit-ONE」を開発し、第1弾として、専門商社向けの業務テンプレートの提供を開始した。

 「Fit-ONE」は、コンサルティングと業務テンプレートを組み合わせたソリューション。導入の最初にコンサルティングフェーズを設け、現状の業務整理、課題の明確化した後、システム導入に進むことで投資対効果を最大限にする。コンサルティングフェーズはBBSが提供する。

 開発フェーズでは、「業務テンプレート型開発」の手法を採用し、あらかじめ業種業務に合わせたテンプレートを用意し、現状分析から要件定義までの上流工程の作業を効率化する。スクラッチ開発並みの業務適合性を実現させながらパッケージ並みの導入期間でシステムを構築でき、コスト削減が可能。カスタマイズにも柔軟に対応し、中堅企業の強みの源泉となっている業務プロセスをシステム化できる。今後は、組立製造業や食品製造業向けに業務テンプレートを拡充する予定。

 また日立ソフトでは、産業向け基幹業務統合ソリューションを立ち上げる。ソリューションは、すでに提供している組立製造業向け生産管理ソリューション「ECObjects」と「Fit-ONE」で構成。おもに、今後IT投資の伸びが予想されている中堅企業をターゲットとして、業務テンプレートによる効率化・コストダウンを実現する。セールスフォース・ドットコムが提供するオンデマンドCRMアプリケーション「Salesforce」との連携も可能。