日本SGIは8月29日、立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」で、本体に広告を印刷した国内初の広告用モデルを公開し、日本マクドナルドが同日にオープンしたカフェ業態の店舗「マックカフェ」の恵比寿ガーデンプレイス店のPRに採用されたと発表した。 



 今回、マクドナルドのPRで採用されたのは3台のセグウェイで、東京・渋谷区にある「マックカフェ」の恵比寿ガーデンプレイス店でのオープニングセレモニーで利用された。広告用モデルには「セグウェイ・パーソナル・トランスポーター(PT)」の「i2」が使用され、本体前面に「マックカフェ」のロゴなどがあしらわれた。



 セグウェイの広告モデルはレンタル形式で提供。料金には本体の使用料をはじめ、専用ボード、ボードに貼る広告シートの印刷代やセグウェイの操作方法の講習などが含まれる。日本SGIでは「企業からの問い合わせが非常に多い」(仙波謙二郎・戦略事業推進本部SEGWAY事業部マーケティング・スペシャリスト)といい、今後1年間で企業のPR広告やイベントなど、40社以上の利用企業獲得を目指す。