日本IBM(大歳卓麻社長)は10月10日、従来のタワー型ワークステーションに比べ騒音や発熱を削減し、オフィス環境を改善するブレード型ワークステーション「IBM BladeCenter HC10」4モデルを10月22日に発売すると発表した。価格は、本体と専用端末1台の最小構成時で43万1970円から。

 ワークステーション機能をブレードに集約し、LAN経由で接続した専用クライアント端末「IBM CP20 ワークステーション・コネクション・デバイス(CP20)」経由で処理を行うブレード型ワークステーション。画像や入出力信号転送をハードウェアの機能で圧縮し、暗号化して転送するため、レスポンスは従来のタワー型ワークステーションと同等で、高いセキュリティも確保できる。

 「CP20」は、HDDを内蔵せずに、設定によりUSBポート経由の外付けHDDやメモリーキーへのデータの保管を制限できる。演算処理は高いセキュリティが確保されたサーバールームに設置されたBladeCenter HC10または接続されたストレージだけに保管されるため、端末側からのデータの外部持ち出しを防げる。また、A5版サイズのコンパクトなきょう体を採用し、ファンなどの可動部品も持たないため従来のワークステーションに比べ端末側で9割の排熱を削減し、騒音もほぼ削減した。

 さらに「BladeCenter HC10」は、「IBM BladeCenter E」と「IBM BladeCenter S」に対応。他のBladeCenterサーバーとのシャーシ内での混在も可能で、これまでのブレード・ソリューションへの投資を保護しながらワークステーション環境を導入、活用できる。

 ワークステーション・ブレード「IBM BladeCenter HC10」はCPUにCore 2 Duoを採用、HDDは60GB、メモリは最大2GB×2。対応OSはWindows Vista Business/Enterprise/Ultimateと、Windows XP Professional/XP Pro x64 edition。最小構成価格は35万7000円。

 ユーザー端末「IBM CP20 ワークステーション・コネクション・デバイス」の対応OSはWindows Vista Business/Enterprise/UltimateとWindows XP Professional/XP Pro x64 edition。価格は7万4970円。