ジャストシステムは10月16日、Linuxディストリビューション上で動作する最新の日本語入力システム「ATOK X3(エックススリー) for Linux」を11月30日に発売すると発表した。

 日本語入力システム「ATOK 2007」の変換エンジンと機能を搭載したLinux用日本語入力システム。Windows版やMac版のATOKと同じ最新の変換エンジン「ATOKハイブリッドコア」を搭載し、より自然な変換と高い変換精度を実現。Windows版と同様の操作性を備えており、複数のクライアントOSが混在する環境でも、すぐに利用することができる。

 前後の文節から意味を判断し、第2候補以降の候補順を動的に切り替える「最適候補提示」機能を新たに搭載したほか、「校正支援」機能を大幅に強化し、間違えやすい同音語がある単語の変換時にツールチップで注意を喚起する。意味を取り違えている可能性がある言葉や、謙譲語と尊敬語を混同して表記してしまった際も注意や訂正を促すほか、ビジネス文書などの作成に便利な「くだけた表現の指摘」機能も搭載。入力ミスを修正した履歴を学習し、同じミスをすると正しい候補を提示する「訂正学習」機能や、「昨日」などから実際の日付に変換したり、西暦と和暦の変換もサポートする「日付入力支援」機能も備えた。

 Linux版のATOKとして初めて「電子辞典検索」機能を搭載。複数の電子辞典を設定しているときでも辞典を切り替えずに横断的に検索できる「自動辞典切り替え機能」を搭載し、変換候補の表示と同時に電子辞典検索が行える。ジョルダンの経路検索ソフト「乗換案内」を用いた「乗換案内 駅名変換辞書 for ATOK」を収録し、最初の数文字を入力するだけで正確な駅名を表示するほか、駅の詳細情報を電子辞典として参照し、ウェブ上で地図などを確認することも可能。また、「共通辞書形式」を採用し、今後はバージョンに関係なく、Windows版やMac版のATOKと辞書が共有できる。

 価格はパッケージ版が1万2600円、ダウンロード版が7350円。ATOK単体製品登録ユーザーを対象にしたAAA優待版は、パッケージ版が5250円、ダウンロード版が4725円。ライセンス価格は、税別で「JL-Standard ATOK X3 for Linux」「JL-Education ATOK X3 for Linux」が1ライセンス8000円、「JL-Excellent ATOK X3 for Linux」が1ライセンス7000円、「JL-Government ATOK X3 for Linux」はオープン。