ISV、iDCなどと連携強化へ

 XML専業ソフトウェアベンダーのインフォテリア(平野洋一郎社長兼CEO)は10月22日、SaaS(Software as a Service)専業子会社を設立した。新会社は第一弾として、今年7月にベータ版として提供していたオンライン表計算「OnSheet(オンシート)」を法人向けに従量課金制(月額500円/1人)、個人向けに無料で提供を開始した。国内シェアトップのデータ連結ツール「ASTERIA」をベースとするハブ技術を利用した社内外のデータ連携・管理分野でSaaSに関連して事業分野を拡大する。この先、Web-EDIや医療など特化分野に影響力をもつISVやデータセンター(iDC)、SIerなどとも連携を深める。

 新会社は、100%出資子会社で社名を「インフォテリア・オンライン」とし、元マイクロソフトの藤縄智春氏が社長に就任。SaaS市場に本格参入する。事業の第一弾として「OnSheet」の本格提供を開始した。同製品以降のサービス拡大については、「現段階では答えられない」(藤縄社長)としているが、データ連携技術と組み合わせた中小企業向けのWeb-EDIや小規模医療関連など特化分野にサービスの幅を広げる。「ASTERIA」の既存大規模ユーザー企業などにも利用を促す。

 「OnSheet」は、データ連携技術と香港のチームアンドコンサプト社が開発したブラウザ内で稼働する表計算技術を融合した。500以上の関数をサポートし、36種類のグラフ機能をもつ。インターネットを介しSaaS型で提供されるため、メンバーや友人との共同作業や情報共有、ブログやホームページと組み合わせた情報発信など、クライアント/サーバー型で利用する表計算ソフトと異なる利用ができる。

 法人向けには、SSL暗号化が施されるほか、VPN(仮想私設網)による接続や企業内サーバーへの提供にも対応する。また、内部統制で重要視されている「スプレッドシート統制」上で問題となる作業者ミスや担当者交代、不用意なマクロの変更など、データ変更管理の排除にもつながる。

 「OnSheet」は、データ連携技術をベースにしたインターネット上のハブともいえる「OnSheetパイプライン」を備える。社内外に存在する各種データ連携・管理ができる。例えば、製造業や流通業のサプライヤー(供給者)がバイヤー(買い手)ごとに異なる専用線による受発注システムなどを、同パイプラインでデータ連携・統合できる。こうした利用を別の特化分野へも拡大するため、データセンター運営者やISVなどと連携を強化する考えだ。

 平野社長は「日本語版だけでなく、英語圏向けにも製品を出していく。『OnSheet』単体としてでなく、組織内で利用する環境を支援する」と、日本だけでなく世界へ直販する。新会社は3年間で売上高10億円を目指す。