NECは、NTTドコモに提供するiモードサービス基盤「CiRCUS」のディザスタリカバリ(障害復旧)機能を強化した。

 「CiRCUS」を統合的に管理する「WebSAM」の障害監視機能を強化。被災時のバックアップシステムへの切り替えを柔軟にした。「WebSAM」の監視機能およびメインセンターとバックアップセンター間のシステム連携を強めることで、切り換え時間を短縮した。障害影響範囲の局所化を図り、切り換え効率も高めた。

 iモードは、ユーザー数4700万人を超え、「CiRCUS」は毎秒数万件のトランザクション処理を実行。03年2月のサービス開始以来、サービスを停止せずに安定稼動している。同年12月にはバックアップセンターを構築し、ディザスタリカバリ体制を構築した。5分以内にバックアップセンターに処理を切り替えが可能になっている。