エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は12月17日、米SpreadsheetGearが開発した.NETアプリケーション開発コンポーネント「SpreadsheetGear for .NET 2007 Ver 3.1」を12月18日に発売すると発表した。

 Microsoft Excelで作成した、ファイルの読み込みと書き出し機能のアプリケーション開発コンポーネントで、クライアントおよびサーバーアプリケーションにExcelのファイル操作機能を追加できる。Webアプリケーションサーバーから取得したデータを、Excelに埋め込み、クライアントに配信するシステムなどが容易に構築できる。

 新版では、新たに「Visual Studio 2008」をサポートしたほか、WorkbookViewでExcelのリッチテキストセルの貼り付けなどに対応した。価格は14万7000円。