【ソウル発】「SOFTEXPO&デジタルコンテンツフェア2007」が2007年11月29日から12月1日までソウルCOEX展示場で開催された。SOFTEXPOは今回で11回目を数える。ソフトウェアとデジタルコンテンツを中心に、新製品を体験できる展示会やソフト産業の最新技術動向を知ることができるカンファレンスなどで構成されている。

 特に今回はウェアラブルパソコンを主に扱う「次世代コンピューティング産業展示会 2007」も同時に開催され、両イベントに8万人あまりが訪れた。

 SOFTEXPOには384社が446ブースを出展した。ITサービスを中心に世界で利用されている韓国産ソフトを紹介する「ITサービスモデルゾーン」、大韓民国ソフトウェア大賞・デジタルコンテンツ大賞といった07年の関連賞を受賞した製品を集めた「公募展ゾーン」、多様な産業製品に適用される「組み込みソフト試作品ゾーン」、政府の支援を受けて開発されたソフトの研究成果を展示する「ソフト産業協力ゾーン」など6つのゾーンに分けて展示された。

 LG電子はホームネットワーク設備を施したバスを展示場内に設置して体験スペースとして活用、米T-Mobileに500万ドルで輸出されたイントロモバイルのIntroPADなど最新ソフト技術が応用された製品も数多く展示された。

 カンファレンスではソフト産業の発展を目指し最新戦略と海外動向について情報収集できる場として、「電子政府協力」「オープンソースソフトウェアとSaaS」「組み込みソフトウェア」「デジタルコンテンツ産業」「ソフトウェア工学」「次世代コンピューティング技術」など12の分野を設定、韓国内外から著名なIT専門家を招待した。

 同時開催された「次世代コンピューティング産業展示会」にはKT、レインコムなど45社、120ブースが展示された。最も注目を浴びたのはウェアラブルコンピュータファッションショーで、着るだけで体の健康状態をチェックしてくれるバイオシャツ、災難救助用ロボット、触感表現装置、UMPC、PDA、MP3P、PMPなどの情報機器やメガネ形のディスプレイ(HMD)といった最先端次世代コンピュータ機器、AMOLEDを装着したベルト型MP3プレーヤー、Tシャツのボタンをクリックすると音楽の演奏が始まるミュージックジャケット、RFIDチップを読み込める手袋、ウルトラモバイルPCハンドバッグ、時計や指輪のようなマウスなどが登場した。持ち物、着ている服を認識して携帯電話や財布を置き忘れたまま移動するとセンサーで知らせてくれる。

 展示館内に用意された体験館ではメガネ形態のディスプレイを利用した射撃シミュレーターの体験と触感装置を利用した映画館が公開され、子供たちの人気を集めた。
 趙章恩(チョウ・チャンウン=ITジャーナリスト)