グローバルサイン(中条一郎社長)は1月15日、秘密鍵とCSR(証明書署名要求)の作成が不要なSSLサーバー証明書発行サービス「スキップ申込サービス」を発売した。

 秘密鍵とCSRを認証局で生成してSSLサーバー証明書を発行、ユーザーに送信するサービス。特許出願中の独自技術を用いて開発した。従来、SSLサーバー証明書を発行するためには、ユーザーが利用するサーバーで秘密鍵を作成し、それに対応する公開鍵となるCSRを認証局に送信する作業が必要だった。

 新サービスでは、認証局の署名を受ける作業負担が軽減できるほか、専門的な技術を管理者が身に付ける必要もない。申請時にウェブサーバーを準備せずに、証明書発行も行えるようにした。