NECは2月7日、マルチベンダーによる複雑で大規模なSAN(Storage Area Network)環境を統合的に一元管理するミドルウェア「WebSAM Storage ControlCenter(ウェブサム ストレージ コントロールセンタ)」を発売した。税別価格は227万円。

 EMC社のストレージ管理技術とNECの運用管理技術を融合させたミドルウェア。NECの「iStorage」やEMC社のストレージ製品などを対象にして、SAN環境のストレージ、ファイバチャネルスイッチ、サーバーを一元管理できる。

 さらに、グラフィカル・ユーザーインタフェースによる接続情報の視覚的な表示やレポートの自動出力なども可能。ユーザーは、マルチベンダーによる複雑で大規模なSANストレージ環境の管理負担を軽減でき、ITシステムを効率的に運用できる。