日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2月12日、認証&検疫ソリューション製品の新バージョン「HP Quarantine System Version 3.0」を発売する。

 ネットワークに接続するクライアントPCの認証と検疫を行うソリューション。新バージョンでは新検疫コントローラを採用することで、小規模拠点への制御ポイントの配置が容易になり、各拠点にサーバを導入する必要がなくなった。

 さらに、新たにDHCP中継機能を追加。すでにDHCPシステムがある場合でも、既存の環境を活かして検疫システムを導入できるようになった。このほか、英語版のユーザインタフェースも搭載する。サーバOSは「Red Hat Enterprise Linux」に加えて、「SUSE Linux Enterprise」にも対応した。ライセンス価格は個別見積もり。