HDE(小椋一宏社長)は3月18日、メール誤送信による添付ファイル漏えいを防ぐセキュリティソフト「HDE Secure Mail for Online Storage」を3月31日に発売すると発表した。

 仕組みは、まず添付ファイル付きメールを送信した際、添付ファイルをサーバーで取り除いて保管、受信者にはファイルのダウンロード先URLを記載したメールを配信する。受信者は、ダウンロード先URLにアクセスし、別で届くパスワードを記載したメールを参考にパスワードを入力して、ファイルをダウンロードする。一連の作業をサーバー側で自動操作するため、ユーザーは特別なソフトのインストールは必要ない。

 メールを送信する際、間違った宛先にメールを送信しても、添付ファイルはサーバーに保管されているため、添付ファイルが第三者に漏れる心配がない。またexeファイル、zipファイルなど受信側で拒否設定しているファイルや容量の大きいデータも相手方の制限を気にすることなく送信できる。

 パスワードはシステムで自動的に通知する方法と、送信者が任意で通知する方法の2種類から選択が可能。受信者のパスワードはランダムに自動で割り振るが、固定でパスワードを設定することも可能。メール送信者は受信者が添付ファイルをダウンロードしたかどうかを専用画面で確認することもできる。価格は100ユーザーの場合で105万円。対応OSは、Red Hat Enterprise Linux。