エーティーワークス(伊東孝悦社長)は3月24日、NTTデータ・カスタマサービス(田下佳彦社長)とオンサイト保守の業務委託契約を結んだと発表した。エーティーワークスのオリジナルサーバーおよびアプライアンスの24時間365日オンサイト保守サービスを4月1日に発売する。

 エーティーワークスでは、自社のオリジナルサーバーを使用したホスティングサービス「at+link専用サーバサービス」を展開しているなか、同サービスに対する24時間365日のオンサイト保守サービスを求める声がユーザーから強まっていた。

 要望に応えるために今回、NTTデータカスタマ・サービスと保守パートナー契約を結び、サービス網を構築することにした。今後、全国1社体制による24時間365日オンサイト保守サービスの実現を目指す。サービス提供地域は東京23区でスタートし、今後徐々に拡大させる。

 サービスメニューは、「サービスグレード Cパック」と「同365」の2種類。「サービスグレード Cパック」は、24時間365日で専用フォームおよびメールでの問い合わせを受け付け、メールサポートとコールセンターの受け付けは9時から18時まで。一方、「同365」は専用フォームとメール、メールサポートが24時間365日対応で、コールセンターの受付時間だけ9時から18時までとした。