住友セメントシステム開発(スミテム、加藤芳彦社長)は3月25日、京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)の位置情報サービス「SAVE PLATFORM」をベースに、車輌運行管理システム「Super Net PS-G」をリニューアルし、4月1日に発売すると発表した。

 「Super Net PS-G」は、生コン工場で使用するミキサー車の効率的な配車を目的に開発した製品。「SAVE PLATFORM」と連携することで、GPS端末・通信・アプリケーションを組み合わせたワンストップソリューションを提供可能にした。

 また、音声による案内機能を強化するとともに、マルチディスプレイによる表示や複数工場での共同配車などの機能も追加した。KCCSが提供するコンパクトな車載型GPS端末「イチしるべ」を利用すれば、自社の車輌ではない傭車などのスポット車輌にも簡単に設置できる。車輌を特定せず用途に応じて車載器を変更するといった使い方も可能。