富士ソフト(野澤宏会長兼社長)とクエスト・ソフトウェア(公家尊裕社長)は、Windows管理製品で販売代理店契約を締結したと発表した。富士ソフトはクエスト・ソフトウェアのウィンドウズ・ゴールド・パートナーになった。両社は今後、共同でWindows管理製品群の市場拡大を図る。

 富士ソフトは今後、クエスト・ソフトウェアの「Microsoft SharePoint」管理ツールや、「Lotus Notes」から「Microsoft Exchange Server 」や「SharePoint」など、Windows環境へのマイグレーションツールの販売を開始する。将来的にはクエスト・ソフトウェアのWindows管理製品全般を取り扱う計画も示している。

 今回の協業による具体的な対象ソリューションは、「SharePoint」によるコラボレーションの効率化・生産性向上を図る「SharePointソリューション」、マイグレーションに関する人的および時間コストを削減する「マイグレーションソリューション」、Acitve Directory運用の現状調査から問題解決を図る「Active Directoryソリューション」、「Exchange」の効率運用、問題解決を図る「Exchangeソリュショーン」の4つ。