ニュース

ニューテック、RAIDサブシステムがHAクラスタソフト「LifeKeeper」の認定取得

2008/06/02 21:02

 ニューテック(笠原康人社長)は5月30日、RAIDサブシステム「SweeperStor」が米国時間の5月21日にHAクラスタソフト「SteelEye LifeKeeper for Linux」の認定ハードウェアリスト「ストレージ・アダプターサポートリスト」に掲載されたと発表した。

 「LifeKeeper」は、稼動するサーバーに万一障害が発生した場合、自動的に予備サーバーへ切り替えるためのソフト。システムダウンが起きても、機能を止めることがないほか、復旧時間を短縮できる。サーバー同士が一定間隔で監視し、反応が無くなればシステムダウンとみなして予備サーバーへ切り替える仕組み。設定と運用管理がGUI操作で容易に行えるのが特徴。

 オープンソースを含む多様なアプリケーションに対応したアプリケーションリカバリーキット(ARK)を使用し、制御スクリプトを新たに作成せずに、HAクラスタを容易に構築できる。データレプリケーション構成や仮想環境などの多様な構成にも対応している。
  • 1

外部リンク

ニューテック=http://www.newtech.co.jp/

「SweeperStor」

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>