ジャストシステム(浮川和宣社長)は、教職員向けに、教材や校務文書の作成を効率的に行うソフトを搭載し、セキュリティ対策も行える統合ソフト「ジャストスクール」シリーズを、7月17日より発売すると発表した。

 ワープロソフトやプレゼンテーションソフト、PDF作成・編集ソフトなどをはじめ、教職員が子どもの成績などの個人情報を扱い、学校と自宅の両方で作業することが多いことに配慮し、情報漏えいを防ぐ機能をあわせもつ文書管理・活用ツール「セキュアマイフォルダ」を搭載した。

 「セキュアマイフォルダ」は、PCの紛失や盗難にあった場合に情報漏えいを防ぐツール。PC内の一部領域の暗号化やファイルの完全消去、暗号化したZipファイルの作成が容易に行える。

 そのほか、幾何学図形や補助線などが簡単に描ける「教材スタジオ」、地図や見取り図をすぐに作成できる「地図スタジオ」、掲示物や賞状、カードなどの作成ソフト「ラベルマイティスクール」など、ITを授業で活用できるソフトウェアも盛り込んだ。

 1ライセンスあたりの税別価格はすべてが入った「ジャストスクール Premium」で2万円。「同 Suite」が1万6000円、「同 Light」が1万2000円、「同 ICT活用パック」が8000円、「ラベルマイティスクール」が5000円。また、職員室のすべてのパソコンで使用できるライセンス製品「ジャストスクール Premium 職員室パック」が30万円。