理想科学工業(羽山明社長)は、デジタル印刷機「リソグラフ」専用のコントローラ「RISOコントローラIS300」を7月14日に発売する。

 DTPデータを扱うプリントショップや印刷会社などのプロユース向けコントローラ。アドビシステムズの「ポストスクリプト3」に対応し、データの出力作業を簡略化するための機能を特徴にした。プリンタドライバで行っていた独自設定を事前にカスタムキューとして登録することで、面付けや画質調整などをジョブごとに設定する手間を省ける。

 ジョブをRIP済みのデータとしてコントローラに保存する「アーカイブ機能」や、「アーカイブ機能」で保存した複数データをまとめて出力できる「マージ機能」も搭載した。対応プリンタは、「リソグラフ RZ9/RZ7/RZ6」シリーズ。税別価格は60万円。