フォトロン(塚田眞人社長)は、2次元CADの最上位版「図脳デジタルシートVer.8」を7月31日に発売する。価格は55万6500円。

 「図脳デジタルシート」は、紙図面とCADデータの融合がコンセプトの2次元CAD。新版では融合機能をさらに追求し、ラスターデータやPDFとCADデータの完全一体化を実現し、編集と管理を同一の操作で行うことができるようにした。

 また、紙図面やラスターデータ、PDFを編集・管理することが多いプラントや重電、建築・土木業界など向けに、各業界に合わせた専門のラスター機能やベクターコマンドを用意した。業界独特の設計・製図業務のスムーズな遂行を支援する。

 図面の電子納品標準データ形式「SXF Ver.3」をサポートし、OCFによる認証を制限事項なしで取得できる。さらに、「AutoCAD2009」の「DWG/DXF」の入出力に対応し、ほかのCADとの高い互換性も持つ。オプションとして、ラスターベクター変換ソフトも用意した。