NTTデータ先端技術(山田伸一社長)、NTTデータ(山下徹社長)、テクマトリックス(由利孝社長)の3社は、高品質なJavaアプリケーション開発を支援する「ソースコード診断」を共同開発し、NTTデータ先端技術が「ソースコード診断サービス」として「Javaアプリケーション開発支援総合サービス」のメニューの一つに追加。9月から提供開始すると発表した。

 「ソースコード診断サービス」は、Javaアプリケーションプログラムのソースコードのチェックを代行して行うサービス。NTTデータの開発プロジェクトで培った診断ノウハウを生かして顧客のソースコードを診断する。問題点や対応方針、修正例を示したレポートを通常3営業日以内に提供するのが特徴。同サービスを利用することで、ソースコードの品質を短期間で正確に診断し、Javaアプリケーションの品質向上を図ることができる。

 同サービスでは2種類のサービスプランを用意。「プラン1」では、テクマトリックスが販売するParasoft社製Javaテストツール「Parasoft Jtest」の自動静的解析機能に、NTTデータおよびNTTデータ先端技術が蓄積した診断ノウハウ・経験に基づいて作成したコーディングルールセットの登録やルールのカスタマイズを施し、自動解析を実施。詳細な診断レポートを提供する。

 一方「プラン2」では、プラン1に加えて、Javaアプリケーション開発の経験豊富な技術者による目視チェックを行うことで、ツールによる解析結果を精査して診断レポートを提供する。価格は「プラン1」が32万円、「プラン2」が45万円。