NTTソフトウェア(NTTソフト、伊土誠一社長)とテラスカイ(佐藤秀哉社長)はSaaS型システム連携サービス「SkyOnDemand」を10月1日から提供開始する。これによりテラスカイは、同サービスでSaaSビジネスに参入する。

 「SkyOnDemand」はセールスフォース・ドットコム(宇陀栄次社長)のCRMサービス「Salesforce」と社内システムとのデータ連携を短期間、低コストで実現するSaaS型サービス。これにより、社内システムの顧客データをSalesforceに連携して同期をとる場合、あるいはSalesforce上の受注データを社内システムにバックアップする場合などに、データ連携のためのシステム構築を必要とせず、イニシャルコストを削減できる。

 また、「SkyOnDemand」の豊富なテンプレートを活用し、Salesforceと様々なシステムを連携することが可能。自社内のネットワーク設定の変更も必要ない。

 今回のサービス提供にあたり、テラスカイはパッケージで提供しているシステム連携製品「DCSpider」を核として、「SkyOnDemand」を開発した。NTTソフトウェアは、「SkyOnDemand」の販売総代理店として、中堅・中小企業の市場に向けて拡販し、同サービスを活用したSIビジネスを開拓していく考え。両社で、今年度に2億円、2011年度には100億円以上の売上を目指す。

 税別価格は、初期料金(初回のみ)が、1組織あたり30万円から。月額利用料金が、3スクリプトまで7万円、10スクリプトまで15万円、11スクリプト以上は個別相談。