ジャストシステムは9月30日、MID(Mobile Internet Device)向け日本語入力システム「ATOK for Moblin」を開発したと発表した。幕張メッセで開催した「CEATEC JAPAN 2008」の「モバイルコンピューティング PLAZA」で参考出品する。

 「ATOK for Moblin」は、携帯電話やカーナビゲーションシステム、ゲーム機などで実績を持つ組み込み機器向けの「ATOK」をベースに、「Moblin」向けに開発した日本語入力システム。少ないキー操作での入力を支援する「AI推測変換」を搭載することで、MIDでの快適な日本語入力環境を提供する。また、「Moblin」向けに、Linux対応の日本語入力システム「ATOK X3 for Linux」と、入力中に意味を調べることができる電子辞典「明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典/R.3 for ATOK」も実装した。

 「Moblin」とは、インテル製Atomプロセッサを搭載したMIDやネットブック、車載情報システムなどのモバイル端末向けに、最適なLinuxプラットフォームの構築を推進するオープンソースプロジェクト。