NECソフト(国嶋矩彦執行役員社長)は10月8日、イスラエルのCheck Point Software Technologies(Check Point)製の包括的PCセキュリティソフト「Check Point Endpoint Security(Endpoint Security)」を、10月20日に発売すると発表した。

 「Endpoint Security」は、単一のエージェントによる高度なクライアントセキュリティを実現する初めての製品。ファイアウォール、ネットワークアクセス制御(NAC)、プログラム制御、リモートアクセス、アンチウイルス、アンチスパイウェア、フルディスク暗号化、ポート制御/メディア暗号化の各機能を単一のエージェントとして統合することで、エンドポイントとなるクライアントPCでの統合的なセキュリティ管理を可能にした。複数の異なるセキュリティソフトウェアを導入する必要がないため、管理の手間やコストも削減できる。

 単一のクライアントインターフェイスで、すべてのエンドポイントセキュリティに関する機能を一元管理できるため、エンドユーザーの利便性を高めるほか、エンドポイントセキュリティテクノロジー間の互換性や信頼性を大幅に向上できる。また、配布ユーティリティを使用することで、さまざまな環境向けにカスタマイズされたセキュリティパッケージのインストールを、素早く簡単に行える。

 NECソフトでは、ユーザーが一括して「Endpoint Security」を導入することができる統合パッケージ「Endpoint Security Total Security(TS)」を用意。同パッケージは、アクセス制御、アンチウイルス機能/アンチスパイウェア機能、VPNリモートアクセスを提供する「Secure Access(SA)(英語版)」、フルディスク暗号化を提供する「Full Disk Encryption(FDE)(日本語版)」、ポート制御とメディア暗号化を提供する「Media Encryption(ME)(英語版)」で構成されており、3製品を分割購入し、段階的に「Endpoint Security」を導入することも可能。

 同社では、「Endpoint Security」について、SIサービス・保守を含めて、今後3年間に55万ライセンスの販売と、約50億円の売り上げを目指す。