日本SGI(佐藤年成社長)は10月9日、リアルタイム・デザインレビューソフト「DesignCentralImager(デザインセントラル イメージャー)」で、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2008年度グッドデザイン賞(Gマーク)」を受賞したと発表した。昨年度の四次元人体モデル「Virtual Anatomia Ver.1.0(バーチャルアナトミア Ver.1.0)」に続く連続受賞。

 「DesignCentralImager」は、実写に近い高品質な3Dデザインレビューを直感的な操作で簡単に、リアルタイムに処理できるデザイナー向けデザインビューワ。開発では、コンピュータ・エンジニアとデザイナーが、実際のデザイン現場のニーズを反映させて直感的な操作性を追求した。

 同社では今回の受賞を契機に、同製品の販売拡大を目指す。販売価格は75万円、レンタルモデルの税別価格は1年レンタルで19万8000円。